藤臣柊子のあっという間にブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS なんだかんだで終わりましたですね〜(4日も経ってる・・・(-_-;))

<<   作成日時 : 2007/10/31 09:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 15

いやー、なんだかんだで終わりました。
画像の一枚もない・・・せめて、建物くらいと思ったけど、嵐だったんだよね・・・
台風20号。やってくれるぜー。

それでも、結構な数の方が来てくださったのがびっくり。
近場の方ばかりだったと思われるが。
ありがとうございました。m(_ _)mこの場をお借りして、御礼申し上げます。

で、毎回言ってる事違うよな・・・とかやっぱり思いました。

でもっ!!!
人間は変化して当たり前だしっ!!!
(このあたりは、なんか必死) 

ちなみに今回の様子は、読売新聞にて(どのくらいの量発表されるのかわかんないけど)公開予定でありまする〜。

内容として、軽くご説明。
一人で話す時間がそんなになかったので(つーか、わしの実体験ってあんまりもう、話す事ないつーか。本に書いてるし)ディスカッションが主だったんだけどさ。
わし自身は面白かったっす。
心療内科の先生、カウンセラーの方となんだかんだ話しているうちに、終わってた、ってカンジだったんだけども。

で、話しててふと思ったんだけどね。

まあ、わしも双極性障害なワケですよー。
躁状態でも鬱状態でもストレスなんだよなー、人間て。
いやー、最近の時折来る「躁状態」のキツイ事ったらないっす。
「鬱状態」がキツイのは知ってたが。
全然仕事できん。鬱よりヒドイかもくらい。
早く「当たりの薬」(デパスみたいな)を発見しないと。うむ。(・_・)


んで。
「治す」とか「治る」って事について考えてみた。

そりゃあ治ったらスゴイ。素晴らしい。

でも、治らないとする。
だが痛くも痒くもなんともなく、当たり前に暮らす事ができて、働くのも問題ナシだったら、何病でもかまわないワケでは?(まあ、病院行くのめんどくさいとかは置いといて)
ものすごい努力の末に克服!!!とか厳しいのはヤダけど、薬を服用するとか注射とかでなんともなくなるんだったら、別に「鬱病」だろーが「そううつ病」だろーがなんだろーがかまわんのではないのかね?と思ったのでした。

わしも一回は完治した(薬がいらなくなったところで完治としたが)のだけども。20代で。
でも30代ではパニック障害が出てしまい、40代ではそううつですよ。(注:誰もがこうなるのではナシ。わしの場合に限ります。同じような方がおられたら、まあ、ソレは似ているのであろうよ〜♪性質が〜♪って事でひとつご理解いただきたし)
なんだよーー!!!
ずーっとキツイのかよーー!!!もういいよーー!!!
と、思った事もあった。が。

あるモノはあるのである。(・_・)
どうやってもある。
でもキツイのはイヤーーー。なので、いろんな薬をのんでおる。
最近は神経性胃炎だ過敏性腸炎だとかで、内臓もヘンなんだわー。
でも、それにも対応できる薬があってですね。なんとかなる。

何はともあれさあ。
できれば、楽しい人生がいいよなあ。
前向きでさあ。幸せでさあ。
そんな人生がいいなあ。とか思えるようになった。
とか書いてるって事はまだ全然楽しく幸せな人生とは距離があるっつー事よねえ。
だって、幸せなヒトは幸せだなあ、なんて思わないもんだ。現場ってそーいうもんだ。

と、今回の講演会で話しながら、思ったのでありました。(・_・)
なんかうまくまとまってないなあ。(毎度まとめるのはヘタだなあ(-_-;))
反省点だらけだ。(・_・)

ただ言いたいのは、苦しいヒトには早く楽になって欲しいし、自分も苦しいのヤダ、薬でいいから楽にして。と思うっちゅー事、なのでした。
偉大なる第一歩、かもしれん。なんつって。


で。P.S.です
今、書き下ろし超大作(自分で言うな〜)を書いてます。
もちろん「脳みそ系」ですが。

いやー、自分を掘り下げつつ書いて行くのは大変だ。
その時の事が全部フラッシュバック(いい意味で)して、その時の気持ちそのままになれてしまうので、楽しい時はいいんですが、楽しくない時・・・コレが痛い・・・
こういう事書いちゃうとアカン!かもですが、取り置きの薬をぼりぼりしながら書いてます。
でないと集中できないだ。

で、きっと担当編集さんがまとめてくれて(他力本願、Yさまよろしくお願いっす)多分いい一冊になると思います。
直しもだいぶ入るだろうけど、イラストはいっぱいちりばめる予定。

いやー、自伝に近いからなー。重いですよ。ネタ・・・(-_-;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
藤臣先生、お疲れさまでした。出席はできませんでしたが読売新聞紙上で公開予定とのこと。掲載日などわかりましたらお知らせくださいませ。関西地方発行の新聞でも載るんでしょうか・・?
僕も楽しくて前向きな人生に憧れます。現在休職を1年半続けてます。昨晩実家で父親に「いい加減クビになるぞ。早く復帰しろ」と言われてしまいました。僕もできるなら早々に復帰したいのですが、2度トライして失敗してます。もう失敗はできません。3度目のトライを近々やろうと思ってますが、やはり二の足を踏んでしまいます。周りの人がいろんな意見をくださるので、どれに従えばいいのかよくわからない状態です。きちんと働けるなら薬漬けだってかまわないという先生の考えには納得です(働けない今も薬漬けですが)。やはり性根を入れて立ち向かっていくしかないですね。
よしお
2007/10/31 17:49
藤臣さん、講演お疲れさまでした。出席された方にとっても、藤臣さんにとっても、有意義な時間になったようで良かったな〜って思いました。
私も一旦完治したものの再発して、鬱歴7年目です。薬を飲まなければ眠れないし心臓もバクバクするけど、逆に言えば薬を飲めば眠れるし心臓も落ち着くってことですもんね。私も藤臣さんの考えに同感です。薬を飲むことに罪悪感を感じたり、不安をもったりする方が脳みそ系には良くないような気がします。その道のプロが処方してくれるんだから、それを飲んで楽になるんだったら、安心してきちんと飲めばよいと思います。
病気とは一生付き合うつもりでいて、もし治ったらラッキー♪くらいのスタンスでいようと思っています。
最近藤臣さんの更新がマメで、とても嬉しいです♪ また、今日は藤臣さんの考えをうかがい知ることができて嬉しくなって書き込みさせていただきました。
べにお
2007/10/31 20:14
講演会お疲れ様でした^^先生の今日の記事、心が軽くなりました^^
私も、パニックで、なかなか薬が手放せませんが、この薬のおかげで、毎日普通に暮らせているし、もちろん、出来ない事も沢山ありますが、普通に人生を楽しむ事は出来る。。。病気の事を話さなければ、普通の健康な人と思われているでしょう。。。もちろん、キツイ時もありますが。。。
私も、完治にはこだわっていません。。。一生、薬を飲んでも、有意義な人生を送りたいと思っております*^^*
SAKI
2007/11/01 17:07
ご無沙汰しております。私も講演会には参加できず、とても残念でした。先生の活躍を見たかったのですが…。
双極性障害と診断されたとのこと…躁の時は、くれぐれもお買い物に気をつけてください。気が大きくなって、とてつもないビッグな買い物しちゃった例をいくつか知っています。お財布の紐、キュッ!で。
私はうつにしかなったことありませんが、他人から見ると、躁の方が大変な気がします。うつと躁の切り替わり時期の、薬の切り替え時が大切みたいですな。
先生も私も皆さんも、気長に付き合っていきましょう。
ウリエル
2007/11/02 07:54
講演お疲れ様でした。読売新聞に出るのですね。実は読売新聞読んでたのですが、先月で止めちゃいました^^;。なので図書館で読んでこようと思います。
うちの主人は躁のときは元気いっぱい会社の外の仲間と会ってきて、鬱になると会社の仕事ほったらかして寝ています。どっちも困るっちゃ困るんですが、自分で管理しきれないことなんですよね。最近ようやく病気に向き合うようになってきましたが、それまではだいぶ振り回されました。なんせ自覚がなかったもので(あっても認めようとはしなかった、今でも多少・・・)
「自分を客観的に見つめる」ということが、こういう病気に対して一番有効ではないかと思います。自分の思い込みだけだと、ほんとの自分か、それとも病気がそういう行動を起こさせてるのか、わからないんですね。だからなるべく、日記をつけています。日記をつけると、後で読み返してこんなときどうだった、っていうのが客観視できるようになりますし。
もん
2007/11/02 08:14
ども〜♪
いやー、薬切れまして。4日予約してるんだけども。
この数日をとにかくなんとか乗り切りつつ、月曜日心療内科っす。
そりはいいとして。
何をしているのかと言うと。上記の日記にP.S.をつけてあります。
よろしくですよ〜♪♪♪

あ、日記。
日記は正しいです。
わしはmixiで日々ぐだぐだ書き込みしてますが、コレ便利。
ダメな時とスゴイ時ってのがしっかりはっきり残ります。
それも自分で残すんじゃないから、楽〜♪
2ちゃんねる化している、との事だけど、気にしなければ便利ツール。
ふじおみ
2007/11/02 10:42
藤臣先生、講演会お疲れ様でした。先生のブログや本、随分慰めになり、同じ境遇の人達と話させて頂き感謝していますm(_ _)m
でも、やぱり普通の人にはわかってもらえない現実がはっきりしました。信頼していた、わかってくれていたはずの上司に裏切られました・・・これからどうやって働けばいいのかわからない。食えなくなるから辞めれないけど信頼を持てなくなってしまった。身内ではトラブルが発生するし、もう、どん底です。消えちゃいたい位・・・そう思っちゃいけないのはわかってるし、やっちゃいけない事だけど・・・人を励ましたりした私は偽善者だ、愚か者だと痛感してしまいました。
さふぁいあ
2007/11/02 16:46
さふぁいあさんへ
あなたは偽善者でも愚か者でもありません。あなたの励ましで勇気をもらえた人はいると僕は信じます。なにも立派な人だけが人を励ますことができるということはないでしょう。同じ境遇だからこそ、つらさを自分の身で感じてるからこそ言える言葉があると思います。書き込みというツールでは誤解や限界もあるかもしれませんが、あなたが今どん底にいてつらいことは共感できます。「あんたなんかに何がわかる」と言われようと、どうぞ自分自身を大切にしてほしいと僕は願います。仕事が絡むとどうしても自分を追いつめるのは僕も同じです。すこしゆっくりしてください。僕こそ偽善者で愚か者かもしれません。でも自分では本心を書き込んでるつもりです。
よしお
2007/11/02 19:15
さふぁいあさん、サイトを見てびっくりしました。お辛いを思いされているのですね。あなたは偽善者ではありませんよ。私はあなたの言葉で浮上でき、なんとか仕事に行けています。いなくなっちゃいたい。と思うとき、あなたの言葉を読み返します。私はあなたを勝手に友達だと思っています。
香里
2007/11/02 22:51
先日の講演会はハガキで申し込みをしていたのですが、結局はもろもろの事情で行けませんでした。藤臣さんにお会いしたかったのに、残念。読売新聞紙上でその模様をぜひ確認したく思います。
ところで、北村さんとは講演とは無関係? の何か有益な山話はできたのでしょうか(田部井淳子さんを紹介してもらうとか、チベットやアラスカや南極の話とか)。中日新聞連載のような精神話もよいのですが、旅話のほうも期待しております。
わとそん
2007/11/03 10:36
ふじおみ先生、講演お疲れ様でした。新聞への掲載、楽しみにしています。
脳みそ系の方々が無理解に苦しむ姿はいまだ多く、少なからず憤りを感じるところです。脳みそ系にかかわらず、世の中は多様性へと変化している(せざるを得ない)というのに、なぜ日本はいまだ自分たちの狭量な視野を越えようとしないのか。ほんの少し、視線を動かしてみるだけでいいのに。この辺をそろそろ変えないと、日本はもう立ち直れなくなるんじゃないかと心配です。
でも、私は悲観だけにとらわれないようにしたいと考えています。「それでも地球は回っている」のです。(コペルニクス的転回まで待つなんて堪えられない、とお思いかもしれませんが・・・)
無碍
2007/11/03 23:33
さふぁいあさんへ
私もあなたと同じような思いを何度かしてきました。辛くてたまらない時に、親や友人から拒絶されたり逃げられたり。その度に、正直に話して馬鹿だったと自分を恥じて責めました。人に対して心を開くことが難しくなってしまった。けれど、このサイトで初めてあなたの書き込みを見た時、なぜか心に残って離れなかったのです。とても他人事とは思えなかった。
ここで、やりとりをしている人達は私も含めて大なり小なり同じような痛みを抱えているのではないでしょうか。お互い持ちつ持たれつです。
ネット上とはいえ、あなたと出会えなければ私は今これを書いてはいません。どうか、ご自分を責めないでください。
カフェオレ
2007/11/04 03:22
講演お疲れ様でした。私も安定剤の見ながら生きてます。
気楽に生きられればいいと思っています。
スターチスの花
2007/11/05 08:39
皆さんご心配おかけしました。先週はあまりのショックで自暴自棄になってしまい、恥ずかしい限りです。よしおさん、香里さん、カフェオレさんのお言葉に昨日は涙が出て書き込み出来ませんでした。周りはわかってくれなくても、ここの方はわかってくれるはず・・・身をもって知らされました。本当にありがとうございます。ここに書かなかったら私は本当に完全に人間不信になるところでした。
よしおさん、「僕こそ偽善者で愚か者かもしれません」そんな事ありません。あなたのお言葉とても心に伝わりました。
香里さん、友達と言って下さってありがとう。どうされてるかなと思ってました。辛い時私に言葉を読み返して下さってるなんて・・もう言葉にできません。
カフェオレさん、私の書込みが他人事だと思えなかったなんて、そんな事言ってくれる人は周りにはいません。ご自分の辛い経験を話して下さってありがとう。
さふぁいあ
2007/11/06 13:13
続きます。。私も皆さんの事、他人事とは思えません。みんな同じ苦しみを抱えて生きている人がいる事、先週は忘れていました。ごめんなさい。
立ち直るまでは、まだ時間がかかりそうですが、皆さんのお言葉は私の宝物になりました。本当にありがとうございます。
自分を責める事もやめます。追い詰める事もやめます。といいつつ考えてしまう悪い癖をもっていますが努力します。追い込まず働いて、そして、すこしのんびりできればいいなと・・・(願望)
本当に、みなさんのお心、ありがとうございました。
さふぁいあ
2007/11/06 13:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんだかんだで終わりましたですね〜(4日も経ってる・・・(-_-;)) 藤臣柊子のあっという間にブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる