藤臣柊子のあっという間にブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は春分の日♪

<<   作成日時 : 2007/03/21 11:11   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 55

いんやー、実はカゼひいて寝込んでました。

様々な用事や仕事が全部すっ飛びました。
熱はそんなになかったんだけど、喉がぜーぜー、関節は痛いし、筋肉痛かよ!ってくらいの筋肉の痛みで立ち上がれず。よぼよぼ。 

頭痛なんて普段ホントにないんだけど、人生で数回目の頭痛経験。
アタマが痛い、というのもだけどアタマの中でずーっと
 


「♪♪♪しゃんしゃんしゃんしゃんしゃんしゃんしゃん♪♪♪」

と、クリスマスのよーな音が鳴りまくり。

う、うるさーーーーーーーーーい!!!

と怒鳴ったところで、余計にボリュームが上がるばかりで・・・
とほほ・・・(-_-;) でした。
座ってたり、寝てたりするといいんだけど、立つと鳴るのよ。
今は座ってるから鳴らないけど、立ったらまた鳴るんだろうな〜・・・


もうほとんど治ってるんで、いいんだけど、この一週間ばかりの様々なモノをどーにかしなければ!!!(当然仕事も)
25日は「うつライブ」(講演会だよって)なので、この数日で声が治ってていただける事を祈りつつ。


画像

そして、本日は春分の日であります。
春ですなあ、って事で、桃の花でもひとつ。
うちの花桃はやたらと大きな花をどんどん咲かせてくれています♪♪♪
ベランダにあるだけでも幸せなのよん♪♪♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(55件)

内 容 ニックネーム/日時
せんせい、みなさん、こんにちは。(小学校の挨拶のようだ)
先生、お体、大丈夫ですか。くれぐれもお体も、心も、大事になさってください。ちなみに、私は、人類学上、「風邪を引かない」という部類に属しています。インフルエンザも、ノロウイルスも、私のところへは着てくれませんでした。完全に流行おくれの私であります。
風邪といえば、中学校のとき、受験シーズンだ、っつうんで、健康管理をしっかりしなさい、という意味だったんでしょう。学年主任の教師が、
「バカが風邪を引くんです」と全校生徒に宣言。その一週間後、学年主任の教師、風邪で欠勤。それでいいのか。

さて、先生の昔の漫画をちらほらと読みつつあります。自画像は今とあまり変わりないですね。
しかし、もうすぐ40の、ひげづらのおっさんが、少女漫画を読む姿は、どうなんだろう。オークションの出品者も、まさか相手がそんなむさくるしい奴とは思うまい。わはは。
では。皆様も、体も心もご自愛ください。
無碍
2007/03/21 12:42
柊姉さま、風邪?は おつらいですね。
もしや・・インフルエンザでは??
子供の学校でもすごくはやっていますよ。
お大事になさってください。

桃の花、素敵ですね。
我が家は今、沈丁花が咲いています。
花には不思議な力がありますよね。
珠。
2007/03/21 16:34
 先生、お身体、お大事になさってください。m(‐‐)m 季節の変わり目は風邪引きやすいって言いますよね。ボクも気をつけます(遅寝遅起きだけど)。
えもんドラ
2007/03/21 19:30
私も頭痛がひどくて、薬も何も効かなくて…多分ストレスだと思われるけど。就活に焦ってしまって、余裕がなくなってるんですね。
先生の講演会を聞きに(見に?)行って、復活したいです。町田だとそんなに遠くはないと思うんですが…。天気予報は雨らしいですね。

私のアパートのベランダ栽培のチューリップは、葉が出てますが、まだまだ咲きそうにないです。部屋に置いてある観葉植物だけでも雰囲気違いますが、花が咲くのが待ち遠しいです。
ざくろ
2007/03/21 20:19
藤臣さん、調子はどうですか? 私も風邪をひいて、もう1週間になります。今年の風邪って、喉にくるんでしょうか? 私は扁桃腺だけでなく声帯の近くまで腫れて、水も飲めずに難儀しました。
藤臣さんは病院へは行かれましたか? 風邪を引くと内科に行くと思うのですが、今回のような風邪の時は耳鼻咽喉科がおすすめです! 頂いた薬で、イッパツで痛みがなくなりましたもの。やはり市販薬とは段違いです。

可愛い桃の花の画像を見て、にんまりしてしまいました。いいですね〜、桃の花って。
来週には桜も満開になるようです。春のお楽しみですね。

講演会、楽しみにしています。それまでには、しゃんしゃんの頭痛や喉の痛みが治まっていますように!
べにお
2007/03/21 21:01
藤臣さん、体の調子はいかがですか?しゃんしゃんいってるのは
なんでしょう。私の場合リスカした後の貧血時によくそういう
耳鳴りがする事。ありますが‥。
ところで昨日好きだった作家が亡くなりました。最近の文章の感じ
からなんとなく嫌な予感はしていたのですが‥ショックです。
しばらく鬱りそうです。
ぷるる
2007/03/21 22:32
おはようござりまする。アラブならアッサラームアレイクム。あなたの上に平安がありますように、という意味ですが、電話に出ていきなりいわれたらびっくりですな。「多分あなたは間違った番号を持っていると思われ」といいましたが。
いいなあ、花。ベランダに鉢植えを置きたいけど、わしのへやは北向きなのでありますよ。お日さまを浴びられなきゃ花も辛かろう。暗くなると消えるような屋外用のライトでも作ろうか。もしくは、最寄の土のあるところに勝手に花の種を植えてしまうとか。会社の敷地でもなんでも。花テロリスト。どうでしょう。(って問いかけられても困るか)
無碍
2007/03/22 08:22
藤臣先生♪風邪は大丈夫でしょうか。。。早く良くなられますように。。。今年は暖冬で、インフルエンザも今頃になって大流行しちゃって、、、明日は娘の小学校の卒業式なんです。娘も私も風邪気味です^^;無事、卒業式を迎えたいです。何かイベント事がある時に体調を崩すのは辛いですよね><;先生も、「うつライブ」までに治ると良いですね*^^*
SAKI
2007/03/22 09:45
今、風邪とかインフルエンザが流行ってるんですね。ちなみに、ここ(関西)ではそんなに、、ですが。ところで、私は最近、パニック障害を克服すべく第一選択のSSRIのパキシルを飲み始めました。副作用が強く、効くと実感できるのも遅く、減薬、断薬の難しいこの薬を飲むことを決断するのに3年(発病して)かかりました。パキを飲んで3日は眩暈、動悸頭痛、だるさ、むかむかでまるで廃人のように寝たきり。今はやっと起きれてます。でも、だんだん量も増えるだろうし、不安感が増してます。
パキシルで病気を克服された方おられますか?ちなみに、私デプロメールではあまりに吐き気が強くて顔が真っ青になり、もう少しでピーポーにのりかけ、断念。ずっと、デパス、ソラナックスでごまかしてましたが、依存性の高いこの薬だけでいくのは、完治は無理だといわれました。
何とかがんばって乗り切りたいから、皆さんの意見お聞きしたいです。
抗鬱剤ってどうして副作用こんなにあるの〜(涙)
なお
2007/03/22 15:03
私は今デプロメーラー(作るな!そんな単語!)ですが、2年ほど前にパキシル、勧められました。眠気は確かに来ますね。その頃の日記読み返してみたら、私の場合朝方結構ほてって眠れなくなったようです。その後にドグマチールも勧められてますが、生理が毎度かなりきつかったのでデプロメールに変えてもらってます。デプロメールに変えてからは、割と調子いいですが、今年になって花粉症再発。薬に関しては効き方はほんとに千差万別みたいです。こればっかりは自分で試してみるしかないかも知れません。
もん
2007/03/22 17:25
こんばんは。
パキシルってかなりメジャーなんですねえ。私の高校時代の知り合いがただいまウツでパキシラーだそうです。(もんさんに倣ってみました)
私はといえば、従来よりノイオミーラーであり、副作用は軽いとはいえ軽い便秘はあり、これはミャンマーに行ったときには重宝しました。正露丸いらず。(実際には腹の中で葛藤、と言うか矛盾が渦を巻いていた感じはあったが)で、今回、新たにジェイゾロフターになり、これは逆に下痢がひどくなりました。先生にそのことを告げ、ばいきんまんの遠い親戚筋にあたるびふぃずすきんまん(ラックビー)をもらって、副作用は落ち着いてきてます。一番きつかったのは、不眠用のテトラミドだったか。翌朝目が覚めて、立ち上がったら立ちくらみがひどかった。トイレまで歩いて行けない。くるべきものがキターー。そう思ったであります。今はもう慣れましたよ。いかんせん、体の方の諸症状にはえらく鈍麻なもんで。39度の高熱でも平気で仕事したこともあったし。ふわふわしながら。気づかないうちに骨の一本や二本位、折ってた事もあったかもしれん。あほな体で申し訳ない。
無碍
2007/03/22 23:15
パキシルもデプロメールもドグマチールも過去に飲んだ経験がありますが、結構すぐに変えてしまった記憶があるので、私には合わなかったみたいです。
今はアモキサンとトレドミンに落ち着いています。あと睡眠薬でデパスとマイスリーとベンザリン。それでも眠れない時は銀のハルシオン。
アモキサンは即効性があるらしいです。トレドミンは最新と言われてるSNRIで、副作用がほとんどないのが特徴のようです。でも劇的に効くって感じはなかったですけど。
薬は個人個人で合う合わないがありますから、合う薬に出会えるまではいろいろと試してみるしかないと思います。なおさん、お互い頑張りましょうね。
べにお
2007/03/23 06:22
藤臣先生様。皆様。おはようございます。いつもご助言をいただきまして,ありがとうございます。藤臣先生,くれぐれもお体をお大事になさってください。以前も皆様にお知らせしましたが,私はPDを患っています。会社の人にも一応カミングアウトしてます。私は薬はパキシルとソラナックスを服用しています。薬で確かに眠気は出ますし,体がだるくなりますが,仕事中は病気を言い訳に出来ませんので,仕事に最大限集中するようにしております。性格が負けず嫌いなんで(笑)それに社会においては,病気を言い訳にすることはなかなか難しいですし。まあ薬ってやはりその方にとって,合う合わないがあると思います。ちなみに私はデプロメールは,吐き気が出て全然駄目でした(泣)それでパキシルに変えてもらいました。皆さん,自分に合う薬に早く出会えて,少しでも良くなるようになるといいですね^^
シューミー
2007/03/23 09:34
兼好法師が憑いたかのように徒然に書きまくりの無碍であります。
さて、シューミーさんのおっしゃるとおり、仕事をしているときは病気を言い訳にはできないし、したくもない。私もその意見に賛成です。会社も脳みそ系であることを知った上で、あえてハードな仕事もさせてくれます。わたしは単純にうつ病ですが、カミングアウトもへったくれもありません。初診で会社の上司に病院に連れて行っていただいたので。親会社にまで知れ渡ってます。さらに、会社の健康診断の既往歴で、DEPRESSIONと書いたら、大声で「××さーん、これなんですか〜」「うつ病です〜」
「ああうつ病ですね〜」って。さすがにこれにはキレましたが。てなわけで、たまに工事などで他の会社や官公庁に健康診断書を提出する必要がありますが、堂々と「治療中:うつ病」と書かれています。それで出入り禁止になったことはないから、問題なかろう。病気による就業禁止、許可というのは医師の判断でしかできないことになっているらしいから。(未確認情報ですが)
無碍
2007/03/23 14:53
パキシルは世界100ケ国以上で使用されている大変メジャーな抗鬱剤です。アメリカでは、カウンターで子供が買うこともできるときいてます。
それだけメジャーという事は、安全性もあるし、なんせ効いてる人が多いという事だと信じるしかありません。副作用はおさまりつつあるものの、
これから量が増えるとまた苦しむのかな〜と不安。発作もまだありますし。生きてくって大変です。薬で治るものなら、きちんと治したい。
藤臣さんの講演行かれた方、(日曜ですね)どういった内容だったのか
またここで教えて下さい。藤臣さんの今の病状はほとんどわからないし、もしかして、鬱とかパニックも今は克服されているのかなって思ったりもします。もし、そうだったら、是非回復された経緯を知りたいです。
なお
2007/03/23 20:16
藤臣さん、お加減いかがですか?早く体調が戻ることをお祈り申し上げます。私は去年11月に風邪でのどをやられましたが、その後インフルエンザ予防接種を受け、うがい手洗いを励行するようにして、ほとんど風邪もひかずに済みました。最近ちょっとのどがいがらっぽく、少し咳き込みはしますがね。インフルエンザの予防接種は、よほどの「注射アレルギー」でもなければ受けたほうがよいと個人的には思います。インフルエンザと言えば、今、「タミフル」という薬を飲んだ子供が異常行動をするというので問題になっていますね。一体どうなっていくんでしょうか?
ぷるるさん、私も昨日、好きな作家だった城山三郎氏を亡くしました。年齢が年齢だから無理もないのですが、やっぱりショックですね。金解禁政策を断行した浜口雄幸首相と井上準之助蔵相を描いた『男子の本懐』や、
広田弘毅首相の生涯を描いた『落日燃ゆ』という本を確か入院中に読んだのですが、どちらもとても面白く、グイグイ引き込まれていったのを覚えています。城山さんの本はこれからも読んでいこうと思います。
雄也
2007/03/23 21:45
藤臣先生様。皆様。こんばんは。いつもこちらのブログが心の支えになっております。無碍様,私の考えに共感していただき,本当にありがとうございます。無碍様は結構キツイ環境ですね。書類にまで記載されるは・・お気持ちお察し致します。くれぐれもお大事になさってください。話は変わりますが,私がPDになったのは,両親の会社で,管理課長をしていた時に,大変な問題が発生してしまいまして,二年間ずっと徹夜で仕事をしていたのが原因です。今振り返ると過大なストレスがたまっていたと思います。問題がある程度収まりかけてきたときに息苦しくて,急に倒れてしまいました。今回も今の会社がピンチなので,数週間いろいろ対策を考えましたが,逆に話は聞いてもらえず,今日はメールで散々八つ当たりされました。とにかく今は自分の体の事を第一に考えていきたいと思います。長くなりましたが,皆様のご健康をお祈りしております。















シューミー
2007/03/24 02:55
シューミーさん、こちらこそ、有難うございます。私がシューミーさんに共感したのも、自慢げにストレスを自慢したり、「俺は脳みそ系なんだから優しくしろ、仕事も配慮してくれ」といいながら遊びの方はしっかり遊ぶ、な人間が多いらしい。「擬態うつ病」というらしい。そういうのがまた偏見につながることを危惧してのことです。私は、書類に書かれるのも、別に苦ではありません。啓発になると思っています。私は会社で安全衛生委員ですが、啓発もふくめ、他部署の安全衛生委員に診察に同行願おうかとも考えています。診察風景をみて、あのリラックスした空気をあじわっていただこうかと。最後になりましたが、シューミーさん、気遣ってくださって有難う。くれぐれもご自分のお体と心を大切に。幸運を祈ります。
無碍
2007/03/24 05:35
先生こんにちは〜。今頃先生お話中なんでしょうね…。
絶対行くぞと緊張してたら眠れなくて貫徹、始発バス乗り過ごしてタクシーも捕まらず、行けませんでした〜〜。うう、残念です。
また関東近県でありましたら是非!

天候が悪くてビックリ。
そういえば先生雨や台風の記事がマンガの中に多かったから、今日も雨なのかなぁ…なんて、のんきに思っていましたら、じ、地震!!
詳しいことは分かりませんが、皆様無事だといいです。
それから先生もお風邪大事になさってくださいね。
今日は声は大丈夫でしたか〜?
ふこ
2007/03/25 10:36
無碍さんのコメントに共感してます。
私はまだセルシンを飲んで誤魔化しながら仕事してますので、皆様に比べれば楽なのかもしれませんが、やっぱり辛い中、仕事しています。
最近、若い女の子の我が侭なのに、“パニックをおこした”ということになり、「可哀相」とその子に同情する人が多少いて、その子は病院へも行かず薬も飲まず、我が侭を通して好き勝手しています。その分の負担はこちらへ回ってきていて、その前から忙しくて半泣き状態で仕事していたのに、もっと忙しくなり泣きながら仕事しています。アイラインを入れれば泣いてたことは気づかれないので。
みんな、苦しくても頑張っていらっしゃるんですよね。私も辛いけど、頑張ります。
文月
2007/03/25 14:17
ただいまうつライブから帰って参りました無碍でございます。町田も嵐が吹き荒れ、何本もの傘が無残な姿を通りでさらしておりました。そして、折も折、藤臣先生のお話の中で、「大きな地震の前に、小さな地震がある、それに気づければひどくなる前に少しでも辛い状態を軽くできる」というお話がありました。地震がおきたのがライブの少し前だったから、そのことを踏まえての話だったのでしょうか。あるいは偶然?
ところで、藤臣先生、朝のライブは、お辛かったのでは?とそれが気がかりです。10時からとはいえ、支度をし、家を出るのはもっと早い時間のはずで、ウツのときは朝が辛いというのは一つの診断基準でもあり、英語でも、「私はうつです」というかわりに、「私は朝形人間ではない」という婉曲表現があったと記憶しています。海原先生のお話も考えさせられるものがありました。「結果ONLY→プロセス重視」というお話は、今の産業界が真剣に考えなければならなくなるときがきっと来る。相信じています。ちなみに、整理券番号11番でした。あああ。もう、なんだか、一生分の運を使い果たした気がする。幸せだーっ!!
無碍
2007/03/25 15:42
ふたたび、無碍であります。
文月さん、あまり無理をなさらないように。ケースバイケースなので、なんともいえないのですが、その「擬態パニック」の人の我侭があまりにも目に余るようなら、あえて毅然とした態度を取ることも必要な場合もあります。リンク先のHP開設者の方には許可を得ていませんが、「擬態」の人間に対する態度についての記述がありますので、参考にしてみてください。
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa0200.html
また、まずご自分の体調を第一に考え、文月さんのおっしゃっていること(我侭に振り回されていること、それによって負担が増えていること)を主治医の先生(もし可能なら、上司にも)に相談なさってはどうでしょう。あまり自分を追い込む必要はありません。ぜひ、ご自身にもっと優しくしてあげてください。
私も、擬態の人間を見てしまうと、「あいつらと一緒にするなー!」とついムキになって仕事をしてしまう。疲れる性格。自己苦笑。
無碍
2007/03/25 16:31
無○(なんとお読みすればよいのでしょうか?)さん、ライブに行かれたのですね。藤臣さんはお元気でしたか?私も朝は辛い。いつも泣きそうになります。藤臣さんもお辛そうだったとは、風邪が治ってないのか、まだ鬱なのか、気になります。お仕事だと大変です。小さな地震というのは、私の場合予期不安なのかな。薬のせいか発作はなくとも予期はずっとあって辛いのも事実。それを、コントロールできるようになるとすごく楽ですよね。
なお
2007/03/25 16:56
藤臣さんの講演会、拝聴してまいりました。
それにしてもものすごい雨でしたね。さすが、藤臣さん、嵐を呼ぶ女健在!といったところでしょうか。
私は藤臣さんが現在もうつと闘いつつ(飼い慣らしつつ?)生活をなさっているというお話を聞いて、とても共感を持ちました。治そう、治さねば、って気負うと自分を追いつめてしまいますものね。私もうつとは長いつきあいをする覚悟ができました。完治しなくても、それもまた自分の一部だよな〜…って、思えるようになりました。藤臣さん、ありがとうございました!
風邪の具合を心配していたのですが、どうしてどうして、はりのある声をなさっていたので安心しました。
べにお
2007/03/25 19:47
なおさん、申し訳ありません。無碍はむげと読みます。
先生がお辛そうな感じに見えた、ということではありませんでした。お元気そうには見えました。ただ、今現在抗鬱薬も服用されているようですし、もしかして、藤臣先生は、とても辛い状態にでも、それを表に出さないようにしているのでは、と勝手に心配していたのです。うつの人は、得てしてその人の内側にある暗闇と、外側に表される表情とに、ギャップが生じることがあって、それで周囲が「なんだ、元気じゃないか」と誤解してしまうことがよくあるので。私の杞憂であればいいのですが。先生の本でも、鬱だろうがなんだろうが出かける、という表現もありましたし。お声の方は、初めて拝聴したのでなんともいえませんが、先生本人は花粉症でやや詰まり気味の声、とおっしゃっていました。私には十分優しく、温かなお声であったと感じられましたが。
なおさん、私の表現が稚拙なあまりに、心配をさせてしまって、申し訳ありません。そして、藤臣先生、余計な詮索をして申し訳ありません。先生、もし私のコメントが無礼とお感じになられましたら、仮借なく私を責めてくだされば幸いです。遠慮は無用です。
無碍(むげ)
2007/03/25 20:05
「うつライブin町田」に私も行って参りました。ふこさん、私も当日に行けばいいかなと思っていたのですが、町田までは結構遠いので、前日に町田入りをして、偶然予約がとれたビジネスホテルに1泊しました。これまた偶然に、そのホテルは「ぽっぽ町田」のすぐ近くでした。朝8時に行ってみたら、先客の女性が1人いるだけで私は2番目でした。無碍さん、べにおさん、いらしていたのですね。できれば講演終了後に懇親会のようなものでもあればよかったかなと思いました。私は受付2番目だったのをいいことに、最前列の中央の、演壇から最も近い席に陣取りました。生藤臣さんは、想像していたよりも小柄で華奢な方でした。よくこのお体で富士山登頂を果たされたものだなあと感心しました。私も触発されてチャレンジしたものの、高山病で途中でギブアップしたもので…。サイン入りのご著書、記念に持っておきます。
雄也
2007/03/25 20:35
実は私も嵐体質な無碍であります。おととしは九州ででっかい台風とすれ違いました。高千穂あたりで。とんでもないことになっていました。
べにおさんの書かれた、うつを「飼い慣らす」という表現、なるほど、と思いました。チャーチルも、自分のうつを「黒い犬」と呼んだのは有名な話。おとなしくなったかと思うと、急に噛み付いてきたりするし。チャーチルの時代は、薬なんてない時代でしたから、文章を書くなり、絵を描くなりして、黒い犬がおとなしくなるのを待つしかなかったようです。病跡学では、作家にうつの人間が多い、という事が実証されているようです。うつの人に優れている部分として、「創造性」の部分、というデータもあるようです。藤臣先生が漫画の枠を大きく飛び越え、エッセイストとして活躍されていらっしゃるのもうなずけるところですね。皆さんも、なにか、こう、思いのたけをぶつける感じで、だーーーっと書いてみては?
ものすごい物が生まれるかもしれませんよ。
無碍(むげ)
2007/03/25 20:43
補足でございます。藤臣さんのお父様は生前に「遺灰は海に流して欲しい」とおっしゃっており、藤臣さんもその通りにしたとのこと、とても共感が持てました。私も死んだら「遺骨を骨壷に入れて先祖代々の墓に収める」なんてことはして欲しくなく、遺灰は海なり憧れのインドはガンジス川なりに流してもらいたいと思っています。狭い墓に閉じ込められるのは窮屈で嫌なもので…。死んでまで自分の家柄に縛られたくはなく、家柄から「解脱」したいもので…。とにかく「海葬」のような葬送のあり方のほうが潔くさっぱりしていていいよなあとつくづく思います。中国の上海では、墓地不足のため、政府が「海葬」を奨励しているというニュースを見ましたよ。狭い日本、これから「海葬」が普及していけばいいなと切に思っております。
ちなみに、藤臣さんは「少し鼻声で聞き苦しくてすみません」とおっしゃって気にされておられたようでしたが、どうしてどうして、そんなことは何の問題にもならない、堂々としたお話し振りでしたよ。
雄也
2007/03/25 21:02
藤臣先生のライブを拝聴できなくて残念です。以前、テレビに出演された時も後から知ったのでとても残念でした。今度機会がありましたら、私の家の近郊でも行って頂けると嬉しいです。
最近、全ての事が嫌になってきました。自信も希望もなくなってきました。職場が異動になりましたが、今の仕事がすごく嫌です。毎日、毎日嫌で嫌でたまりません。今の仕事をしていると、益々自分の人生に自信を失くしそうになります。こんな状態だからか、また、動悸がしそうな日があります。先月からまた早朝から目が覚めて眠れなくなってしまいました。
睡眠不足で出社するので辛いです。職場が変わったのに良くならないのは
もうだめなんだろうか・・・
K
2007/03/25 21:16
先生、講演会お疲れ様でした。ついついロングヘアーのイメージがあったので壇上に現れた瞬間髪が短くカットされてたのでビックリしました。私自身、美容院が苦手(特に美容院トーク)なのですが先生はいかがなのでしょうか??。経験談を元に色々なお話をうかがえましたが、今もちょっと辛いんですと中でも発言されてましたが、あれからお加減いかがでしょうか。

今回の講演会は患者側と医者側、それぞれの立場に立つ人の話が聞けてとてもためになりました。ただ聴くことに集中しようと思い、メモを取らないでいたのですが、やっぱり脳みそ系、聴いてる側から右から左に話が流れて行ってしまい…、今に至ります。せめて録音が出来れば良かったのですが…。

中休みの時、受付前で少しですが話をさせて頂きありがとうございました。なにせ今日が初めての生藤臣先生だったので緊張してしまいました。著書も「書き下ろしでいつになるかわからない」とおっしゃってましたが楽しみにしています。

無碍さん>
整理番号11番だったんですか…。私は12番でした。自分の一人前に並んでらっしゃったのですね。
つるっち
2007/03/25 22:17
ルビを振るようになりました。無碍です。
Kさん。すぐにでも、明日にでも、お医者様のところへ向かってください。それが今最優先ですべき「仕事」です。ここに書いたこと、まだいい足りない事があったなら、それも含めて、そのまま、お医者様に伝えてください。早ければ早いほどいいと思います。Kさんの今感じておられる辛さは、かならず解消できる。そのためにプロが居るのです。くどいようですが、もう一度いわせてください。Kさんの辛さは、必ずプロが解決してくださいます。
交通事故で重傷の人間に対して、会社は、それでも仕事しろ、とは言わないでしょう?それと同じこと。今は仕事より、自分自身を大切にすることを最優先に。
決してだめじゃない。必ず元気な自分になれること「だけ」を信じる。これはおよそありとあらゆる人にとって、とりわけ仕事をしている人にとっては、「権利」でもあり、「義務」でもあるのです。
無碍(むげ)
2007/03/25 23:06
べにおさん、雄也さん、つるっちさん、はじめましてでした。(なんか変な日本語)お互い、同じ空間にいて、おそらくお顔も拝見しているはずなのに、その時はどなたがどなたかわからず、ここで、「ああ、あの方が」というのも妙な感覚ですね。名札でもぶら下げておけばよかったかも。私は最初4番目位に並んでいたのですが、タバコを吸いに&写真を撮りに外に出たり入ったり繰り返し、11番目と相成った次第です。藤臣先生の席の真後ろに座るチャンスもあったんですが、そうできずにもう一つ後ろの席に座っちまうあたりが私のヘタレたる所以であります。いっそ藤臣先生と海原先生の間に座っちまう暴挙にでるべきだったか?(それはまずいだろ)いっそ、藤臣先生のブログコメンテーター主催でうつライブでもしますか?(妄想拡大)
そういえば、「JALだANAだといってるが云々」と藤臣先生おっしゃってましたね。航空会社設立後の初フライト、今のうちに予約しておきます。全日空がNH便なのも、日本ヘリコプターなんとか、のNとHだから、ヘリコプターから始めて旅客機を飛ばすようになるのも夢ではないかも。(妄想暴走)
無碍(むげ)
2007/03/25 23:26
Kさん、”最近、全ての事が嫌になってきました。自信も希望もなくなってきました。”明らかに医師の力を借りるべきときだと思います。
職場が何と言っても、自分の健康より大事なものはないですよ。
健康ならば、また自分に自信を持って働けるようになると思います。
(周囲からは、メンタル不全と思われない寝太郎より)
寝太郎
2007/03/25 23:27
藤臣先生の講演会、行きたかったです〜!残念ながら、前日からの頭痛と翌日の面接を控えていたので断念。でも、皆さんのお蔭でとても充実した講演会のようで何よりです。kさん、職場の事でかなりお辛いんですね…。皆さんの言うとおり、医者へ行った方がいいと思います。仕事はひとつではないのですから、あまりにも嫌な事を我慢して自分が壊れたら元も子もないですよ。
メンタル面の病気とうまく付き合って、仕事のしやすい環境になるといいんですが(勿論、多少の嫌な事は我慢しますけどね)。今日は面接なので頑張って笑顔で行ってきます。笑顔が運を呼ぶって思ってるので、鏡を見て笑顔を作る練習してます。
ざくろ
2007/03/26 03:40
実家のパソコンから書き込んでおります。昨日の講演会、お疲れ様でした。初めて間近で先生の姿を拝見して嬉しかったです。
更に講演中、自宅の近くで大地震がありまして・・・(ニュースでご存知の方もいると思いますが)多分講演会に参加してなければ、巻き込まれていたんではないかと・・・。講演会に参加するのはぎりぎりまで迷っていたんですが、決めて良かったです。二重の意味でありがとうございます。
もん
2007/03/26 06:13
おはようございます。
お、ざくろさん、新たなステージですな。こんどこそ良い結果になりますように。どこかで読んだ記憶ですが、辛かろうがなんだろうが、むりやりにでも「笑った」顔を作ってみると、本当にハッピーな気分になる、という実験結果があったそうですよ「あなたが微笑むときは私も楽し あなたが笑えば私も笑うヘイヘイ」てのは笠置シヅ子の「ヘイヘイブギ」の歌詞ですが。「昔から笑うかどにはラッキーカムカム あなたも私も笑って暮らそよ」とつづきます。
そんなわけで、全身全霊を傾けてざくろさんの幸運(ご武運)を祈ります。Good Luck!
無碍(むげ)
2007/03/26 06:31
昨日、先生がお話されていた、また、本にも書いてある「2両編成の電車」について調べたり、考えたりしておりまする。今では青葉区、とおっしゃっていたから、たまプラーザよりは西側であろう、でも4両編成で走ってたみたいだし、でも鷺沼で切り離したり連結したりで2両編成にしていた時代もあるようで。2両といえば玉電(用賀〜渋谷)だけど、これは二子玉までだし。(玉電といえば芋虫電車が有名)ちなみに、1975〜6年のころ、鷺沼の親戚の家に行くときは田園都市線は大井町からでていましたです。それなりに立派な車両も走っていたですよ。銀色の。蛙みたいな緑の電車もあったけど。以上、ローカルな話題ですみませんでした。
無碍(むげ)
2007/03/26 09:41
藤臣先生こんばんは。
春ですね・・・。
ステキな映像に癒されました。
わたしも風邪を引いています。
先生と同じような症状です・・・。
今年は寒暖の差が激しいのでお気を付けてくださいね。
ぎい
2007/03/26 22:39
藤臣センセ・・・お風邪をめされてたのですね。先生の仕事は規則正しくできない仕事ですから、そういうこともありますね。私も今年はインフルエンザAにやられました。去年の暮れも風邪ひいていて、予防接種が受けられなかったんですよ〜!人の健康には気を使っても、自分は省みることできない・・・医者の不養生みたいなものですね。
ところで、先生がグレートジパングで絶賛してた諏訪湖に行ってまいりました。当然一人で!!先生の言っていたとおり、とても良かったです!水運儀象台面白かった〜。あれの家庭用があったら、少々高くても欲しかった。・・・無理か。
ウリエル
2007/03/27 11:26
市民公開講座〜心が危ない時〜スタッフの小林と申します。昨日は嵐の中お越しいた
だきまして誠にありがとうございました!悪天候にも関わらず95名ものご来場を賜
りましたこと深く感謝しております。お時間の関係で皆様から藤臣先生へのご質問に
お応え頂くことができず、申し訳ありませんでした。今後ハートクリニックホーム
ページにて質問と回答(ハートクリニック精神科医による)を公開させて頂こうと
思っております。藤臣先生からのお言葉でなくては意味がない、という場合もありま
すが・・・ご了承くださいませ(>_<) 続く→
小林
2007/03/27 14:48
また、遠方の方や体調が悪くて参加を断念
された方に何かできることはないかと思っておりましたところ、藤臣先生が講演の
DVD撮影をご許可下さいました。実費(2000円程度)は頂くことになるかと思います
が、ご希望の方にはDVDをお送りしたいと思います。藤臣先生講演会DVDご希望の旨と
お届け先(郵便番号・ご住所・お名前・お電話番号)をご明記の上、
y-kobayashi@e-heartclinic.comへお申し込み下さい。DVDが完成し次第、正確な料
金・お振込み先など合わせてお知らせ致します。(ご質問もお受け致しますのでお気
軽にメール下さい)
小林
2007/03/27 14:48
先生お疲れ様でした♪今年の風邪は喉にきますね…あたしもようやく治りかけたのですが熱も3日でて何年ぶりの事でしょうか…その上子供が怪我して熱ある中病院通いでつらかったです。けど母は強で自分より子供…馬鹿力に驚いています(ΘoΘ;)
みみ
2007/03/27 20:20
藤臣先生、ならびにスタッフの小林様、このたびは素晴らしいライブ、愨に有難うございました。また、お疲れ様でした。
私も、藤臣先生の著書によって精神科への通院を抵抗なく受けることができ、今に至っております。今後も、メンタルヘルスの啓発の推進にご尽力いただきたいと存じます。

さて。明日は通院日。ちょっと先生と相談しようそうしよう。なにを?それはまた明日。
この3ヶ月で体重が74kg→68kg→75kgと上海発世界同時株安かい!というような乱高下、さすがにこれはちょっとまずいすね。食欲を抑えてみようとご飯に青い食用色素を入れて炊いたですが、マリンブルーのご飯も、おいしく頂いてしまいました。作戦失敗。てゆうか、運動しろ。自分。明日はすみれ色のご飯にチャレンジします。
無碍(むげ)
2007/03/27 21:40
私もやっと転勤の為の引越しや、上の子の卒業式、下の子の終業式、住所変更が終わったんですけど、転入、転校手続きがまだで・・・鬱の私には、かなりきついです。でも子供達の為に頑張らねば・・とデパスを
多めに飲みつつ頑張ってマス。
でも後で病状悪化したらどうしよう・・・との不安もあるけど母だから
子供達を一番に考えないとダメですよね。
しんどいよ〜。
ムーミン
2007/03/27 21:40
 ここ最近皆さんの書き込みをしっかりと読めていない状況なのですが……(^^;)えもんドラです。
 さてさて、ボクはもうあとに引けなくなりました。まもなくまもなく大学生活スタート(一人暮らしスタート)でっす(笑)精神的にも肉体的にもキツい日々が続くことと思います。……本望です、それで自分自身が成長できるのであれば。
 明日は一日フリーな時間。これからに対する決意の時間(またかよ!^^;)にしようと考えています。あと買い物も……(笑)
 ボクは一月二月三月と、藤臣先生はじめ、こちらに集まっておられる方々に助けられながら歩んできました。本当に本当にありがとうございました。また、これからもよろしくお願いします。m(‐‐)m
えもんドラ
2007/03/27 22:09
えもんドラさん、いよいよ一人暮らしスタートですね。不安な事もあるでしょうが、結構一人だから気楽、みたいなものもあります。今日一日はフリーとの事ですから、買物しながらちょっとのんびりしてみるのもいいかもしれませんね。かくいう私は、まだ就活しておりますが、面接してると色んな人がいるなぁ、と実感。自分の納得いくようにやっていきます♪
ざくろ
2007/03/28 05:40
今日診察を受けて、上司とも相談の上、4月から復職の方向で進んでいる無碍であります。なんだかいきなり復職後フルスロットルになりそうな予感もしますが、まあ、ノイオミールはノルアドレナリンに効くし、ノルアドレナリンは意欲のホルモンだけど、闘争か逃走かの時に働くし、よし、戦ってやる、と無駄に闘争心を出しています。すこしは手加減せーよ。自分。
えもんドラさん、祝1人暮らしスタート、でございます。1人暮らし、やってみると、いいもんですよ。不安もあるかもしれませんが、不安というものはそもそも新しい世界への飛躍のための準備でもあります。動き出すときは力が要るけれど、動き始めれば力はそれほどいらなくなります。ラクに行きましょう。(お前もな<自分)

無碍(むげ)
2007/03/28 18:47
無碍さん、この前はお名前読めなくて失礼いたしました。
最近薬の副作用は少なくなってきたけれど、まだまだ不安感と発作がおこる毎日です。少しづつ体きたえたり、楽しい事みつけていきたいのだけど。皆さんもメンタル系の病をかかえながらも、働いたり、学生だったり
大変がんばっておられます。見習わないとだめですね。
完治したいって焦るよりも、病気を忘れくらいの気持ちでいかないと
人生はいい時もあればダメな時もあるんだよね。
なお
2007/03/28 20:48
こんばんは。無碍であります。無碍というのは、何ものにも妨げられないことをいいますが、なかなかどうして、無碍とは名ばかりの障害物だらけの人生でございます。それはそれでありでしょう。
なおさん、こちらこそ、変な名前を名乗ってしまって申し訳ございませんでした。碍子とかけば「ガイシ」、これは電気の絶縁に使う焼き物でありまして、電線などについてたりします。つまり碍とは妨げるものですな。ちなみに、本名の方も、大体の方が、「えーと、なんとお読みするんでしょう」と迷われます。
そんなわけで(どんなわけだい)人生障害物競走なわけですが、
「じーんせいラクだらけ〜」<完>では水戸黄門の出番がないのであります。助さん格さんも見せ場がございません。そんな人生はつまらないのであります。いかに病気とうまく付き合うか。一病息災、って言葉もあるくらいですから。気負わずに。Let it beですよ。
無碍(むげ)
2007/03/28 21:06
Let it beだと、なんだか「放っとけ〜」みたいなので(そのままでいいという意味も込めたんだが)
As it is.の方がいいのかな。あるがまま。まあ、そのまんまでいいか。
無碍(むげ)
2007/03/28 21:25
連続無碍でございます。
さて、ハッピーバースデーエッフェル塔、じゃなくて、デカルト、じゃなくて、ハイドン、じゃなくて、ハッピーバースデーディア藤臣先生、でございます。フジオミ暦では元旦にあたりますので、ハッピーニューイヤーですか。東南アジアではもう少し後にお正月となります。
さて、月曜(もしかして日曜)から復職だというのに、またちょっと騒いで見たりしています。会社的に。(仕事上のエラーに対する対処の仕方について文句いっただけなんですがね)ノルアドレナリン出すぎだっちゅうの。もうすこし「まあ、いいか」を持たないと。まあ、いいか。To err is humanだ。失敗しねえ奴は人間じゃねえ。とも言い換えができます。取りとめもない話で済まんでした。
無碍(むげ)
2007/03/31 00:24
 藤臣先生、お誕生日おめでとうございます!!(^^)更なるご活躍を期待しております。
えもんドラ
2007/03/31 10:53
藤臣柊子先生、お誕生日おめでとうございます!!(^0^)
これからも、頑張って下さい!!
ご活躍お祈り申し上げます。
ムーミン
2007/03/31 11:39
藤臣先生、みなさん、初めまして。
そして藤臣先生、お誕生日おめでとうございます☆今日から一年、藤臣先生にとって素晴らしい一年になりますように心から祈っております。

私はパニック発作と広場恐怖を伴う不安神経症患者です。(鬱も経験あり)最近、うちの母まで鬱になってしまい、私の生活の手助けをしてもらうはずが、私が母の世話をすることに・・・。(ちなみに私は結婚していますが、主人が泊まり勤務があり、一人で長時間いるとパニック発作が起きるので主人が泊まりの時だけ母に実家から生活の手助けに来てもらっています)娘ですから当然母が心配だし、心配しすぎると自分の体調も悪くなる、という悪循環。まさに老々介護ならぬ病人が病人の世話をする病々介護状態。父はそんな母や私を「気の持ちようだ!」と責めてくるし、心の病気にも全く理解を示してくれません。(主人は唯一理解してくれています)今は母を助けつつ、私もやっとの思いで毎日を過ごしている状態です。でも、このままいったらどちらかが倒れてしまいそうで不安です。
相談できる人もほとんどおらず、とっても辛い毎日なんです・・・。
メリル
2007/03/31 20:28
メリルさん、お母様も含めて、お医者様にはかかってらっしゃいますか?もし、かかっていらっしゃらないようでしたら、すぐに受診して(させてあげて)ください。ご主人が理解してくださるようですので、一度ご主人と共にお医者様にアドバイスを受けられることをお勧めします。家族の方に理解がない場合が一番やっかいなのですが、そのための入院、という方法もあるのです。お父様の無理解が病状を悪化させているようにも見えますので、そのこともお医者様に相談してください。心の病気は、心の病気であり、脳という体の病気でもあるのです。気のもちようで解決するなら、およそ医学という医学は無意味、ということになります。癌にかかった、気の持ちようだ、脳梗塞だ、気の持ちようだ、こういう考えはおかしいでしょう?手術でメスを入れる、気の持ちようで痛みを感じないようになりますか?なりませんね。痛みを感じるのも、心を病むのも、神経細胞のつながりになんらかの変化がある、ということではないでしょうか。
無碍(むげ)
2007/03/31 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は春分の日♪  藤臣柊子のあっという間にブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる