藤臣柊子のあっという間にブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 講談社サイト 第三弾

<<   作成日時 : 2008/04/17 20:29   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

http://mopix.moura.jp/?p=578

ですよ〜♪
アップされましたです♪
よろしくです♪♪♪

いやあ、春だねえ♪なんて思ってたら、また寒いカンジがするのはナゼなのだ…
うーむ。
三寒四温ですかのう。
うーむ。
昨今言う事がじーさんのようであります。
「いい塩梅で」なんてフツーに言ってしまいます。
ばーさんならまだしも、じーさんは…(-_-;)

女子なんだからさー。もー。自分−。(-_-;)
なんつって、いい塩梅な渋めの色にしてみました♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
インタビュー、読ませていただきました。主治医の話が出ていましたが、僕の場合、主治医と信頼関係が築けているとは言いがたいです。僕は学者になりたいと思っているのですが、主治医からは、「文科系の場合、大学院博士課程を出ても職が見つからない『オーバードクター』が増えているからやめておいたほうがいい」というようなことを言われて頭にきてます。クリニックの担当のケースワーカーに、「僕が学者を目指すことに理解がないのであれば主治医を変えてもらって構わない」と言ったら、その話を聞いてでしょうが狼狽したような感じでした。少しは「お灸」が効いたかなと思いました。まあ、主治医の理解があろうがなかろうが、僕は学者になることを諦めないですけどね。
雄也
2008/04/17 21:17
僕の場合は「うつネット」で探した、駅近くのやや規模の大きいクリニックにかかっています。主治医は1度変わっています。僕の本音としては、「自分で好き好んで選んだ主治医ではなく、クリニック側の都合で勝手に決められた主治医だからなあ」と思っています。だから主治医が変わっても一向に構いません。インタビューの中にあったように、僕もただ主治医の言いなりになる気はありません。一応その主治医は、「セカンドオピニオンが欲しければ遠慮なく言ってくださいね」と言ってくれているので、その点では良心的かもしれません。仕事が忙しくてなかなかセカンドオピニオンを受けられないまま今に至っていますが、1度受けてみてもいいかなとは思います。長々と失礼しました。
雄也
2008/04/17 21:18
うつになって神経科に通おうと思って最初に言ったのが駅前にある
個人経営のクリニック。
その病院から三ヵ月後に大学病院に回されました。
もう通って五年目になります。

大学病院は確かにいろんな科の見方が入るのでいいのですが、
4月になると医者が異動するんです。
なので一年に一回担当医が変わることになるんです。
最初は「なんだかな〜」と思ってた医者ともようやっと信頼関係が
構築できたなと思ったころに異動です。

今それに悩んでて個人のクリニックに戻ろうかと悩んでます。

P.S.なんとか自殺のヤマは越えられました。
つるっち
2008/04/18 10:23
つるっちさん、そうですか…、大学病院だと毎年主治医が変わってしまうのですか…。そんな難点があるとは思いませんでした。僕の居住地の近くには日大付属病院があり、「うつネット」にも載っているのですが、診療時間が午前だけで終わってしまい不便だと思ったので、個人でやっているクリニックではない、比較的中規模で精神科医師とケースワーカーが複数
いるクリニックに通っています。そのクリニックには社会復帰の訓練をする、一般的に「デイケア」と呼ばれるリハビリの施設とプログラムが完備されています。退院後はそのクリニックの「デイケア」に通ってリハビリをしました。
雄也
2008/04/18 20:55
個人でやっているクリニックなら確かに医師の異動はほとんどないでしょうが、僕は主治医が変わるに際して「主治医が変わってしまうのであれば、個人のクリニックに移ろうかと思う」と言ったら、「個人経営のところは人間関係が主治医との関係だけになってしまうよ」と言われて転院には反対されました。確かに僕が通っているクリニックは「デイケア」やケースワーカーが揃っているので、人間関係の訓練になると思います。つるっちさんには、僕の場合のように、大学病院でも個人経営のところでもない、医師が複数いてケースワーカーもいて、「デイケア」などが完備されている中規模のクリニックをお勧めします。「うつネット」などで探してみてください
雄也
2008/04/18 20:56
おはようございます。告知です。いつも紹介していますが、今日21日(月)と明日22日(火)の20:00から、NHK教育テレビの『福祉ネットワーク』という番組で「精神障害者と就労」ということをテーマにした2回シリーズの放送があります。参考になるかと思いますのでぜひご覧になってみてくださいまし。僕もできるだけ観ます。
雄也
2008/04/21 07:28
主治医に皆様ちゃんと意見を言える環境なんですね…いいなぁ…私も言えたらいいのになぁ…(-_-;)なんか…遠慮しちゃうし…上手く伝えれない自分が情けない…(-_-;)いい年こいて何やってんだワシ…体重計と…にらめっこ…(-_-)
ぽむぽむ
2008/04/25 07:31
ぽむぽむさんへ
あなたの気持ちよくわかります。どうして医者に遠慮しちゃうんでしょうね・・・。
でも医者とて人間ですから、患者さんの口から現状はこうなんだと言ってもらえないとわかんないんですよね。僕は「自分ノート」を作ってます。ちょっと気になることがあったらメモ程度で書くんです。たとえば寝起きがよくなかった、寝つきが悪かった、食欲なかった等々。日記となると続けなきゃって思っちゃうから適当に。気分のいいときは具体的に何行も書けるし、乗らないときはぽつり一言だけ。それを主治医に見せます。言葉でうまく言えなくても、それだけで主治医との関係は少しスムーズになりますよ。ノートも綺麗なものじゃなくっていいです。
上手く伝えられないことは情けないことでもなんでもないですよ。むしろ当たり前。環境は自分の思いだけで、ちょっとずつでも思い通りになります。
よしお
2008/04/25 11:48
祖父の法事が終わりました。親戚の男の子に「お兄ちゃん」と呼ばれ、まだおっさんじゃなくよかったと思ってたら、お遊びマシーンになりました。何やってんだ32歳…
でも子どもはかわいいですね。よその子であれだけかわいいなら、我が子はどんだけかわいいんでしょうか
よしお
2008/04/26 17:05
はじめまして、はぐというものです。
皆様のコメントを拝見してああ、私だけじゃないんだなと思い知らされました。
今の私は落ち着いていますが、統合失調症を抱えています。
朝起きてまず何をしようと考えて落ち込んでいく日々、眠っていたいと
思っても眠れない日々、皆様はどうやって過ごしておられるのでしょうか?皆様は色々と考えておられるのに私はどうやって時間を過ごしていこうか悩んでばかりで情けなくて仕方ありません。
今、硫化水素での自殺が多い中、他人に迷惑をかけないように過ごすといことは難しいことだなとも思っています。
いつか楽になって薬と縁が切れたらいいなあと思いつつ、皆様が少しでも楽になることを祈りつつ余計なコメントを書きました。
また皆様のコメントを読んで頑張っていこうと思います。
乱文お許しくださいませ。
はぐ
2008/04/28 17:55
はぐさんはじめまして
情けないことなんてないんですよ。僕も似たような生活送ってますから。でも本を読むことは好きなので、毎日のように図書館に通ってます。回りから仕事もせずぶらぶらしてると思われるんじゃないかと思ったときもありましたが、実は周りはそんなに自分の事を見てるわけじゃないことに気づいた頃から少し気楽になりました。

硫化水素の報道は本当に心痛めてます。と同時に背筋の凍る思いもしています。もし報道があと3ヶ月早かったら、僕も同じ方法を取っていたであろうからです。僕自身この3ヶ月自殺未遂、入院、退院、福山での講演会、引きこもり打破のため週に二回の梅田へ行っての習い事などなど。これでいいのかなと思いつつ、結構毎日楽しいです。

薬は縁が切れたらよいですが、しなくても全然いいと思ってます。お酒も平気で飲んでますし(本当は駄目です)。

はぐさん、ここには余計なコメントはないと思います(たまにある馬鹿なコメントは抜きにして)。読んでいくもよし、たまに吐き出したいことがあったら書き込むもよし、と思います。頑張ろうと思わず、お気楽に。
こちらこそ乱文お許しくださいね
よしお
2008/04/29 21:35
よしおさん,ありがと〜m(_ _)mこんなに返事遅くては,コメント記入された事忘れられてるかもですがm(_ _)m…嬉しいです…自分を見つけてくれた人が,どこかにいるんだなぁ…ってキュンとしております(>_<)ありがと〜(^O^)/
ぽむぽむ
2008/05/12 00:03
ぽむぽむさん、最新のトピにも書きましたがこちらにも書いときます。僕は毎日のように書き込みますが、あなたも不安になったとき、誰かとお話したくなったとき、ちょっと自慢したいとき。いつでも書き込んでよかですよ。あなたも僕も、ひとりじゃないのですから。
よしお
2008/05/15 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
講談社サイト 第三弾 藤臣柊子のあっという間にブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる