藤臣柊子のあっという間にブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹書房の雑誌です〜

<<   作成日時 : 2006/09/15 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 25

画像


なんと!!!
こんなにすぐ更新なんて、今まであっただろうか!!!

自慢にならんて。(--;)

さて、先日描いた原稿はこんな雑誌に載ります。
タイトルは


「本当にあったゆかいな話〜絶叫!病院スペシャル」

だそうです。
わし、入院てした事ないんだよね。
病院もあんまり行かないしなあ・・・とか言いつつ、細かいケガとか、ソレはイカンだろう、って時にもなんとか市販薬でまあいいや、みたいなとこがあって。


でも。
一度だけ救急車に乗った。
自分で呼んだ。。
数年前。

あまりの胃の激痛にのたうち回り(丸三日も)このままだと死んでしまうかもしれない!でも、自分で運転できるほど元気じゃない!そして、タクシーでは2分くらいの距離の病院だしっ!


そうだ!!!
きっと救急車だったら、たとえ2分でも怒らないだろう!!!


てなワケで、救急車呼びました。
保険証とか財布とかハンカチとかきっちりバッグに入れて、服もそこそこまともなのに着替えて。
でも、来てくださる救急隊員の方は、超病人だと思って、あのホレ、寝たままゴロゴロ運ばれるヤツ、ストレッチャーだっけ。(何度聞いても覚えられん)
アレを持って来てくれてしまったのです。


わし、激痛で、とにかく身体を伸ばせない状態だったので

「そ、それはしまってください!身体が伸ばせないんですううう!」

と直角に曲がったまま叫びました。
そして2分。

救急病院に着き。
すべての手続きを救急隊員の方がやってくださり。
書類を手に持たされ。
お礼のひとつも言おうと思ったら、もういなかったでした。
救急車の人って優しいなあ・・・

いやはや。
何はともあれ、健康第一ですよ。(・_・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
今回更新早かったですね。私がバシバシ更新なんて書いたからだったらごめんなさい。
藤臣先生、入院したことが無いなんて羨ましい。私は喘息持ちなので何度入院したかすら思い出せません。鬱でも二回入院してるし。救急車にも二回乗ったことがあります。なんて自慢にもなりませんね。
今日病院に行ったらやっぱり薬増えちゃいました。パニック障害でも使われる薬だそうで・・え?私パニックあった?って感じです。眠気が強く出るために夕方と寝る前に追加されました。とりあえず飲んどきゃいいかしら?深く考えてもしょうがないですものね。一応主治医のこと信用してるから。
ところで先生、上の雑誌の発売日がわかりません。表紙を凝視しても見えてきませんっ。教えていただけると嬉しいのですが・・。
安奈
2006/09/15 20:14
うっわ〜!!!
わしはあほだす!!!
発売日書いてないし!!!
失礼しました。
9月20日です。よろしくです。
ふじおみ
2006/09/15 21:32
こんにちは!
先生、実は雑誌のタイトル、
「本当にあったかゆい話〜」に一瞬見えてしまいました(爆)

それにしても、
まる三日も身体が直角になるほどの胃の激痛をガマンされて、
なのにご自分で服をお着替えなんて・・・(涙)

胸がいたくなっちゃいます。
ここ数日、ぐんと肌寒くなって秋ですが、
お身体大切になさってくださいね。
まみ
2006/09/15 22:16
早速のお返事ありがとうございます。
9月20日ですね。はい、カレンダーに書きました。近くのコンビニで売られるといいのですが。無かったらちょっと街中に出てみますね。
安奈
2006/09/15 22:33
初のカキコになります。
あたしも胃痛結構ありますよ〜。
一ヶ月に36包、胃薬は基本です。
プラス精神科から処方されているお薬やら、毎週熱出すので風邪薬やら、頭痛持ちなので頭痛薬、と;
救急車は意識無い時に乗った事一回あります。
何だか錯乱したかと思ったら心停止したりして大変だったらしいですけど、あたし自身覚えて無いんですよね(笑)
あ、決してドラッグではありません、念の為(^^;
雑誌買いますね〜vv
先生のエッセイも読んで元気貰ってますvv

2006/09/16 00:14
本当に速攻の更新ですね♪
雑誌名と発売日をご紹介くださり、ありがとうございました。
発売日にはコンビニ、書店と探しまくって早速買いますね。でも、本ブロの時のように、また苦労しそう…。
今回の救急車の話題ですが、私も一度だけ乗ったことがあります。友人との飲み会の会場に向かう途中で急に貧血が起き、目の前真っ暗の立ちくらみ状態。幸い会場近くまで来ていたので、何とか伝い歩きして会場にたどり着いたものの、体調は回復せず吐き気も催す有様。見かねた友人が救急車を呼んでくれて、ストレッチャーに乗せられ(これも初乗り)最寄りの病院まで運ばれたのですが、応対した医者曰く「酒の飲み過ぎじゃないの?」と…。「まだ一滴たりとも飲んじゃねーよ!」と怒りつつも症状を訴え、CTやらMRIやら撮ってもらいましたが、結局よく原因がわからず、3時間程安静にしてから帰されました。(後に判ったことですが、極めて軽い脳梗塞をその時に起こしていたようです。)救急車に乗った時は、本当にもうダメかと思いましたよ。自分で呼びたくはないですね〜。
あっち
2006/09/16 00:25
20日を楽しみにしていますよ。
昔は、救急車のお世話になったこと多数。
全て腎臓結石でした。
早朝に襲う激痛はもういや!
幸い、今は無いようです。

うつが快方に向かっています!
自己啓発の本を、何度も何度も読んで、
自分に自信が付いてきました。
パニックはダメっすけどね・・・
愛国民
2006/09/16 00:29
先生の作品はエッセイは三冊位読みましたが、今回発売される竹書房の書籍は女性誌っぽいので読むのに少し抵抗があります!其れでも読ませて頂きます!!
先生の漫画、はずかしながら一回もよんだことがありません。楽しみです(^-^)。でも、最近の風潮は、男性でも少女漫画とか読むからいいんですかね?

話しが変わるんですが、彼女と同棲していたとき、39.8℃の熱が出て、扁桃腺が腫れて、タンが喉に詰まり、肺炎になりかけたのに、彼女が40℃にならないと来てくれないよって言っていて、意識が朦朧としていてそうなのかなって思って救急車を呼べませんでした。その後二日間寝込みました……。救急車乗りたかった。

はりぃ
2006/09/16 14:28
早い更新うれしいな。でも、また新しい雑誌見つかりそうにない感じ。私もはりいさんと同じエッセイ以外ふじおみさんの漫画って読んだ事のいのです。(すいません。)見つからないのです。
救急車は交通事故で1度乗った事あります。頭ぶつけて歯が折れました。でも、わりと元気で救急隊員の人が病院さがしてるときに、近所のO病院でないといやだ。とか言ったりしてほんとごめんなさいって感じです。
昔の話だけど、救急車ってもう乗るのも、呼ぶのもいやだな。今、半数以上がパニック発作の人がよんでるらしいってほんと?
もも
2006/09/17 09:56
私も高校時代に救急車にお世話になりました。朝の通学途中で。すごい重傷者扱いされ病院に運ばれたのにはちょっと驚いた記憶があります。
会社を2ヶ月半休職した後復職したら異動させてくれました。異動先が肉体労働の部署でした。今までと労働環境が全く違うので毎日がしんどいです。異動になったのでドキドキしなくなったのは良いのですが・・・これからずっとこの仕事を続けて行くかと思うと気持ちが沈みます。昔同じ職場に居た友人はもっと自分を大切にしなければ、と退職を勧めます。でも若くないので再就職先が見つかるのかどうかとても不安でなかなか決断できません。最近仕事を始め、人間関係、全ての事に自信を失ってしまい、すぐに物事を悪い方へ悪い方へと考えて泣けてきてしまいます。また毎日泣いて暮らす日が続きそうです。決断も下せないし、何もやる気がしないし・・・このまま生き続けるのが辛い毎日です。病気を治すのは先生でもなく、自分自身というけれど今は自分にはそんな力はありません。生きるのがしんどい・・・
みぃ
2006/09/17 17:05
初めまして。台風の影響で風がきついです。頭痛と耳が聴こえにくくなってます。(涙)病気を治すのは自分自身というのは、体には自然治癒力があるって事で、自分でがんばって治そうって事じゃないから、一人でかかえこまないで医者とかカウンセラーに頼ってみるのも悪くないよ。
今は鬱とか抱え込んで何とか薬でしのいで、会社に行ってる人も多いというけど、私は正直働くという体力もありません。みぃさんは辛いだろうけどまだ会社に行って働けるだけ私は羨ましいです。(下をみればきりがないけどね)何とか家事をして昼からはずっと横になって1日が終わります。なんだろこの人生って思って死にたいときもあります。体調も一進一退、そんな中少し良い事もあって生きられてる。
~いそがず、あせらず、まいろうか〜と(割と好きの歌でした)尾JAL丸が歌ってましたが、作者が自殺してしましましたね。結構ショック。
マンディ
2006/09/18 09:56
初めてコメントします。
‘病気じゃないよフツーだよ’を読んでから、藤臣さんの大ファンになりました。勝手に‘柊子姐さん’と我が家ではよび、二人の小学校の娘も‘デパスを食うとパニックが治るよ’なんぞといいます(勝手に漫画のところだけよんでました・・)。
私もパニック障害です。時々うつも襲ってきてつらいっす。でも、藤臣さんの本を読むと元気が出ます。ありがとうございます。
ところで、コメントのところに(会員用)ありますが、どうすれば会員になれるのですか?どなたか教えてくださ〜い!

2006/09/19 13:20
私も初めてコメントします。今頃ネットを始めました。沖縄が好きということで眼科主治医の先生より藤臣さんを御紹介頂きました。その先生は藤臣さんの大ファンだそうです。私はあることがきっかけで病院に不信を持っていましたが、こちらの先生に助けられ心身共に回復して参りました。その先生に紹介してもらった著者ということでとても興味深く読ませて頂いたのですが私もファンになりました!とても分かりやすくて楽しいです。まだ数冊しか読んでいないのでこれから少しずつ集めていこうと思います。明日発売の本、探しに行きます!
モーちゃん
2006/09/19 15:08
おお〜♪
なんか書き込みがたくさんでうれしいでっす♪♪♪
今後ともひとつよろしく〜♪♪♪

さて。
珠さん。会員用のコメント、というのについてですが、右下のBIGLOBE
ウェブリブログ、というとこ(顔がついてるヤツっす)クリックしてみてくだされ。
トップページに飛びます。
で、そこの左上の方を見ると、利用開始、ってとこがあるんで、そこから入会できるハズです〜。(2年前とかに入会したもんで、おおまかな事しか覚えてないんだけど)
でした〜♪
ふじおみ
2006/09/20 00:18
今度沖縄行くです!やっと二度目の沖縄。計六泊するんですが、ホテルのフリープランでどこでも泊まれるツアーがあるんですが、カヌチャベイとブセナは同じツアーになくて。そりゃそーだろって感じですけど、藤臣さんならどっちとりますか?
最近調子悪くて、外にでれないことも多かったので、すげー楽しみにしてます。
ひろ
2006/09/20 18:24
柊子姐さん!(失礼)、早速のお返事ありがとうございます!大感激です!子供が寝てからでもやってみます。ありがとうございました。

2006/09/20 19:00
今日発売の雑誌、早速買ってきました。今回は難なく見つかったので、苦労しないですみました。
先生の「流血記」楽しく(ご本人には申し訳ないですが)読ませていただきました。私も似たようなことよくありますよ(最後に書かれたエピソードのようなことはないですが)。虫にさされて掻きむしっているうちに、ふと見ると指が血だらけとかということなど…。
栄養が不足すると、なかなか止血しないということもあるみたいですから、しっかり食べてご留意くださいね。
またの新作を楽しみにしています。あ、それからブログの更新もです♪
あっち
2006/09/20 20:48
雑誌見つかりません。書店で聞いてみたのですが新刊案内に載ってないと言われました。コンビニもいくつか回ったのですがありません。田舎ではダメでしょうか?
モーちゃん
2006/09/21 12:58
初めまして!!初めてコメントさせて頂きます!!私もPDで、藤臣先生の
「病気じゃないよ、フツーだよ」の本は、私のバイブルになっておりす。この本を読んで、たくさんの元気を頂きました。これからも、楽しい漫画、エッセイ、楽しみにしております。。。ところで、コメントの、会員用とそうでないのと、どの様な違いがあるのでしょうか。。。?ゴメンなさい、初歩的な事を聞いてしまって。。。
saki
2006/09/21 20:46
私のPCは、先程なんとか復活しました♪
ああ、これでネットカフェ行かなくても、センセのブログが見られる…って思ったら、雑誌発売ですか!早速、本屋に行ってきます!

何か最近は鬱っぽかったり、だるだるだったり、元気?だったりですが、救急車には最近お世話にはならないで済んでます。前は近所で救急車は我が家に停まるって言われてた?位、乗ってました。一番怖かったのは、電車に乗ってて急に意識不明!気づいたら救急車の中…原因不明。あの時はびっくらこいたです。
ざくろ
2006/09/23 10:23
やっと雑誌入手できました。田舎だと東京の発売日よりも二日遅れてお店に並ぶことがありますね。
すぐに読者葉書出しました。もっと読みたいなって。
まいまい69
2006/09/23 22:47
初めまして。田舎暮らしの明るい引きこもらー、えいらと申します。藤臣先生の本との出会いは、「病院へ行こう!」でした。当時私は離婚問題を抱えていて、心身ともに限界でした。過呼吸、そしてパニック発作をおこし救急車のお世話にもなりました。そんな時、気晴らしにふらりと寄った本屋にあった「病院へ行こう!」。ソッコー買って家で貪るように読み、気付いたら泣いていました。私は病気なんだ、だから病院へ行かないとなぁって目からウロコでした。結果ひと月ばかり入院しました。病院は三回代わりましたが今の先生は信頼しています。少しずつ社会復帰出来たらいいなぁ。なんて思っています!先生、お身体いたわりつつ私達にパワーが出るマンガを宜しくです〜
えいら
2006/09/25 00:05
まいまい69さんありがとうございます。諦めていたのですが先日書店で発見しました!雑誌の大きさ、陳列する場所を全く検討違いしていたようで・・・。<(^^) ドジですね。 
モーちゃん
2006/09/25 07:04
コメント書くのは初めてですが、藤臣さんの本にはずいぶん前からお世話になっています。
現在うつ真っ只中で、今日で3日仕事を休んでます。最近うつの調子も良かったので油断してたらこれかよ…という気分です。うつ歴6年目を迎えておりますが、未だに大きな波がきたり、凪になったりという日々です。
さて、救急車には10年ほど前バイクで事故った時に乗りました。どうせならちゃんと記憶しておきたかったのですが、気がついたら病院に寝かされていたという感じでした。
べにお
2006/09/27 20:38
大変申し訳ありませんでしたっっ!!「病院へ行こう!」ではなく、「精神科へ行こう!」でしたね…(>_<)
えいら
2006/09/30 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹書房の雑誌です〜 藤臣柊子のあっという間にブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる