藤臣柊子のあっという間にブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「まりも」

<<   作成日時 : 2004/11/02 21:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

画像
ども〜♪♪
いやあ、ちょっとこの数日ぬるい東京であります。

さて。
言うまでもない事ですが、今年の夏はとーてーもーーーー暑かった。
つーか、ちょっと前まで。
んで、一気に寒くなって。
いきなり暖房つけたですよ。ホットカーペットもつけたですよ。
厚着したですよ。

実はわしは寒いのにものすごく弱いのじゃよ・・・
ものすごく暑いのにも弱いんだが。
うーむ。贅沢生物。

さて、うちの「まりも」の話です。
数年前に真冬の摩周湖の(まりもは阿寒湖名物)思いっきり「おみやげ屋さん」的なところで購入して来ました。
ガラス瓶に入ってて、蓋ついてるよーな容れ物で(絵参照)これって、このままでいいのか?と思いつつ、ちょっと水が汚れたかな、と気づいたら、水だけ入れ替えて、とやってるだけなんだが、これがもう数年生きている。
そして、育っている。
確実にデカくなってるよ・・・
もうちょっと大きくなったら、なんかもっと大きい容れ物に入れ替えてあげよう。

ところで、その「まりも」。
水を入れ替えるとすぐに、思いっきり空気(つーか酸素)を出して、浮き始めるんであります。
でも、今年の夏は、ほとんど浮かなかったのね。
空気の玉も、全然つかなかった。

ところが。
寒くなったなあ、と思った途端に浮き始めたのでした。
空気(つーか酸素だよな、光合成してるんだから)の玉をたくさんつけて。
うおおおお!!!
やっぱ「まりも」って北海道生まれだし!!!(とは限らないのだが)
寒くないとダメなのかっ!!!と真剣に思いました。

今も、思いっきり浮いてます。
昨日今日はちょっと気温的には高いのだけど、それでも今年の真夏のあの暑さに比べたら。
全然涼しいもんねえ。

もちろん、うちにいる「まりも」達は養殖の「まりも」なので、天然のに比べるとだいぶ強いハズ。
なんたって水道水で大丈夫なのだ。
北海道で「まりも」を売ってたら、ぜひ買ってみよう。
そして、割と日当たりのいいところに(真夏はちょっと日陰に引っ込めた方がいいと思うけど)置いといてみよう。
とーても、なごみ生物なのよう♪♪
植物だけどさあ♪♪


以前、うちに原稿を取りに来てくれた編集さんが、この「まりも」を見て、一言。

編集「まりもの餌ってなんですか?」
わし「・・・まりもは植物ですよ・・・」
二人「・・・」(なんとなく気まずい空気)

まあねー。丸いしね。
浮いたり沈んだりするしね。
夜中になると、独り言言っててもおかしくない形状ではあるけどね。

ちなみに、阿寒湖のまりもについて調べてみた。

「マリモは国内では十数湖沼で見つかっているが、むしろ丸い方が珍しい。
阿寒湖のマリモのように完璧なまでに丸いのは特に珍しく、それが特別天然記念物に指定されている所以」

だそうである。
おみやげの「まりも」は、シオグサ属の淡水藻(「まりも」の素っつーか、最初は丸くない)を丸めて作ったらしい。
でも、作ってでもなんでも、いいのだっ!!!
そして、なんと阿寒湖の「まりも」は直径30センチにもなるらしいのだっ!!!

うっぎゃーーー!!!
それはもう、完全にしゃべるサイズよね!!!
うちには二ついるから、会話するかもしれん。

そのくらいになるまで大きくなってくれると大変うれしいです♪♪
環境がねえ。
北海道ほど寒くないし。
そこまで大きくするのは、なかなか難しいだろうけど。

ちなみに「まりも」通販してます。
びっくりしただ。下にリンクはっておきます。

いやはや。
元々地球に生まれた最初の生物って「ストロマトライト」っていう、藻だって言われてるし。
オーストラリアに今でもあるし。(一度見に行きたいのだ)
藻は偉大なのかもしれない。

ああ、地球ってすばらしい。
あははは〜♪♪(ヘンにハイ)

【予約】「生きた」まりもちゃんストラップ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マリモが元気になりました!
昨日まで、かなり元気がなくて心配していました。 色もちょっと黒ずんだ感じになっていて、ほとんど気泡が出ていませんでした。 ...続きを見る
毬藻日記(和み系)
2005/04/15 00:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、初めて書き込みます。
でも、ぼくはブログが分かっていないので、この書き方ででいいのか分かりません。
まりもといえば、今年の9月にラリーを観に北海道へ行った時、阿寒湖でまりもボー
ルペンを買ってきました。
まりもボールペンとは、文字通りボールペンにまりもの水槽がついているペンです。
何種類かあって、ぼくが買ったのは、ボールペンのてっぺんに直径約2.5cmのドーム
状の水槽の中に、直径約5mm程度のまりもが2個入っているものです。
書き心地は、水槽が重くて書きづらいです。
ただ、書くよりも眺めているとなごむかな・・・。
また、野生まりもは湖の淵から見ることができないというのを聞いて、現地で非常に
ショックをうけました。
デル太
2004/11/03 00:56
東京もぬるいけど、名古屋は暖かかったり寒かったりそれでいて室内では
夏と変わらない格好でいるし・・・・・

北海道の毬藻は動植物園でしか見たことがありません。
北海道で見たものといえば、ラベンダー畑とひたすらまっすぐな道で
帰りにトワイライトエクスプレスに乗ったぐらいなもんです。

毬藻の大きさが30センチというと「ハロ」並ということなのかな・・・・
SUS
2004/11/03 12:03
まりも・・・
前に河口湖で友達の子供に頼まれて買ったな。
そうか!
そんなに面白い生物・・・もとい、植物だったのか!
今度見かけたら買ってみよっと!
肝龍
2004/11/03 18:51
マリモ。十数年前に、北海道で瓶に二個入った物を買って来て、一年位育てていました。
水を入れ替える時、一個が二つに割れてしまい、何とかくっつけて、暫く育ててしましたが.....。
その後引っ越しで、いつの間にか無くなってしまいました。残念です。
オ−ストラリアのストロマトライト酸素の泡が出ている場面をテレビで観ました。確かに行って見てみたいですね。
SJS
2004/11/04 13:08
はじめまして、本もブログもいつも楽しませていただいてます。
寒がりで暑がりな北海道の住人です(笑)
北海道の人はけして寒さに強いわけではなく真冬は暖房がんがん付けて
半袖半ズボンでアイスなんか食べてます。
外の気温−20度、室温30度なんて事も・・・。
なので藤臣さんでも安心して北海道に住めますよ(^^)
夏は涼しいのにクーラーかけてる人もいます・・・。

私が親戚にあげたマリモはどういうわけか
子供が出来たらしいです(笑)
ちなみにマリモ作り体験というのも北海道にはあります。
以前見た写真では握り拳ぐらいのを作ってました。
あこ
2004/11/05 22:26
はじめまして。
「マリモ」は買ったことあります。でも、存在を忘れてしまうんですよね〜。以前「マリモ」を少し洗ってあげようと、直接水道の蛇口の下へ・・・「マリモ」粉々になりました。かわいそうなので、「マリモ」は買わないことにしました(私の中で)。
あ、藤臣さん「マリ検」(マリモ検定)って、ご存知ですか?
個人の方がマリモについて書かれているHPの中に「マリ検」のページがあります。1級〜3級まであって、3級といえども結構難しかったですよ。「マリモ」をぶっ壊したワタシがこんなこと書くのもどうかと思いましたケド・・・
キバ子
2004/11/06 11:03
はじめまして、まり男ですう〜!今日彼女から、まりも貰いました。まりもって
可愛いですね〜。でも、一ヶ月に一度丸めなきゃいけないらしいですよ?これホント?
まり男
2006/08/21 23:39
その後まりもはお元気ですか?
つる
2007/06/03 02:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
「まりも」 藤臣柊子のあっという間にブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる